アーユルヴェーダとは



アーユルヴェーダとは世界で最も古くからある若返り法


世界で最も古くからある若返り療法それがアーユヴェーダ。現代風にいうと究極のアンチエイジングシステムです。その中心となるのが、特別なオイルを使った全身のオイルトリートメントとハーブケアです。
アーユルヴェーダのオイルトリートメントはただ単に上から圧を加える、ストレッチをする、指で押す、強く揉むというものではありません。まず、身体を細部にわたって立体的にとらえ、組織の状態にあわせたアプローチをし、全体のバランスを整える事に重きを置きます。

1:オイルケア

2:デトックス(発汗)

3:ハーバルケア

アーユルヴェーダトリートメントはこの3ステップが基本です。そして、整体、美肌、浄化等の目的にあわせたトリートメントプログラムが無数にあり、すべては老化を遅らせ長寿(108歳)を促す方法につながります。

閉じるボタン



アーユルヴェーダトリートメント 基本の3ステップ


Step.1  オイルトリートメント


【神経系には】そっとオイルを優しく流します
【リンパ系には】心臓に向かって下から上に浄化への第一歩
【筋肉系には】筋束にそって上から下へインナーマッスルも意識しながら刺激
【骨格系には】注意深く何度も試みてからストレッチ

最終的には全体のバランスを整える事がとても大事!


Step.2  デトックス(発汗) 


オイルトリートメントの後は、スウェダナと呼ばれる発汗を行ないます。身体を温め汗をかく事で、不要な老廃物を排出“デトックス”これによって、新陳代謝が活発になり、新しい細胞が生まれるのを助け、その結果、老化防止 “アンチエイジング”に役立ちます。



Step.3  ハーブケア


余分なオイル成分と老廃物を包み込んで、取り去ったり、オイルの成分強化をしたりと、目的にあわせた無数のハーブが、トリートメント効果をアップさせます。

閉じるボタン



身体をバランスを保つアーユルヴェーダトリートメント


身体全体をバランスするように、身体をほぐし、緩め、リラックスし、人間が元々持っている自然治癒力を促し、整えていくのがアーユルヴェーダトリートメント
例えば、図のように、人間の背骨は側面から見ると4湾曲しています。若さを保ち、生き生きと活動するには、この自然な背骨のカーブが大事!

年齢を重ねるにつれ、背骨連結はガタガタになっていきます。+日々の生活習慣(仕事の疲れ、デスクワークetc)によって間接に負担がかかり、周辺にある筋肉(特にインナーマッスル)が緊張して硬くなります。
身体を動かさずに同じ姿勢を続けても、筋肉や血管が刺激されず、血行不良になり、老廃物が排除されずに、ますます筋肉が硬くなり、痛みの原因になっていきます。
また、背骨には自律神経が沿うように走っていてここがストレスを受けるとトラブルの原因になります。例えば、交感神経の働きが過剰になると血管が収縮して血流が滞ったりします。

閉じるボタン



自然治癒力を促すトリートメントシステム


人が目覚めていて、五感が働き、意識が緊張した状態の時の脳波はβ波がでていますが、心身がリラックスしながらも理想的な集中状態を作り出している時の脳波はα波という波形になっています。
この状態を意図的に作り出し、心身をリラックスしてバランスすると共に、本来の自分を最大限に発揮していただくためのトリートメントプログラムがダーラやバスティです。
 例えば、ダーラはKing of Ayurvedaと呼ばれアーユルヴェーダでは有名なトリートメントです。
 シロビアンガムとアビアンガムで、全身をリラックスさせた後、オイルを一定時間(15分以上)第三の目(サードアイと呼ばれるチャクラ)に垂らし続けるトリートメントです。
各チャクラには対応するナーディがあり、チャクラのエネルギーを身体の様々な部位に運んでいると考えられていますが、サードアイ(アージュニャー)からは、感覚の元となるナーディが鼻の穴、目、耳に向かって2本ずつ出ています。ここに直接心地よい刺激を与えることにより、五感を癒します。

閉じるボタン



アーユルヴェーダのトリートメントテクニック


アーユルヴェーダトリートメントは、マルマのエネルギーをバランスして自然治癒力、自己免疫力を高めます。 マルマへのアプローチは、決して強く押すのではなく、周辺から優しく行ないます。マルマは東洋医学のツボの概念に似ていますが、点ではなくエリアとしてとらえます。

閉じるボタン



カイラリ社のハーバルオイル


アーユルヴェーダではすべてのトリートメントは、ハーバルオイルで行ないます。特にインドではごま油をそのまま使用する事はありません。カイラリ社のオイルはすべて最低5工程以上から作られる特別なアーユルヴェーダハーバルオイルです。 30〜40時間ほどかけて、生のごま油に含まれる粘着成分を薬草で処理して除去、動物の乳成分で生のごま油の毒素を中和します。この行程を経る事で、ごま油の薬用効力も高めていくのです。100%天然素材のみで、歳月をかけて作り上げられたアーユルヴェーダハーバルオイルでのトリートメントは、仕上がり感もさっぱり、身体も心も軽くなります。



プロダクツを製造するカイラリ製薬はGMP(WHO認定医薬品の製造及び品質管理に関する基準)の認定を受けている会社です。







閉じるボタン アーユルヴェーダとは